コンテンツ

労働保険に加入しましょう

労働保険とはLabor Insurance

『労働保険』とは「労働者災害補償保険」(一般に「労災保険」といいます)と「雇用保険」とを総称した言葉です。

労働保険は、労働者を一人でも雇っていれば、事業主は労働者が希望すると否にかかわらず、必ず加入することが義務づけられています。

労働保険事務組合とはAdministration Association

  • 事業主の委託を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務を処理することについて、厚生労働大臣の認可を受けた中小事業主の団体です。
  • 労働保険事務組合が処理できる労働保険事務の範囲はおおむね次のとおりです。
    1. 概算保険料、確定保険料などの申告及び納付に関する事務
    2. 保険関係成立届、任意加入の申請、雇用保険の事業所設置届の提出等に関する事務
    3. 労災保険の特別加入の申請等に関する事務
    4. 雇用保険の被保険者に関する届出等の事務
    5. その他労働保険についての申請、届出、報告に関する事務
  • 当組合は、厚生労働大臣の認可を受けて、一般社団法人全国労働保険事務組合連合会の会員として、労働保険の加入、喪失、保険料の申告・納付等の事務処理を直接取り扱っております。
  • 労働保険に関する事務処理は、当組合にお任せください。

特典

  1. 労働保険料の申告・納付等の事務が事業主に代わって処理されるので、事務の省力化が図れます。
  2. 労働保険料の額にかかわらず保険料の納付を3回に分割できます。
  3. 通常では労働保険に加入することができない事業主や家族従事者の方でも、労災保険に特別加入することができます。

委託手続

当組合に労働保険の事務処理を委託するには、まず、「労働保険事務委託書」を当組合事務局にご提出ください。

なお、委託できる事業主は、常時使用する労働者が100人以下(サービス業の場合)の事業主となります。

詳細は、事務局までお問合せください。

労働保険研修会の開催Workshop

労働保険に関する知識を深めていただくために、労働保険の専門家による研修会を開催しております。組合員は無料にて参加できます。

コンテンツ
 
▲PAGE TOPへ